育児ストレス解消法ナビ

育児ストレス解消法ナビ

育児ストレスとは

育児ストレスは、そのフレーズ通り育児をすることによって生じるストレスのことを言います。

 

子育てを体験したことのある方ならば、多少の違いがあっても誰もが感じることではないでしょうか?

 

赤ちゃんが産まれたら、赤ちゃんの面倒だけをみていればいいというわけではありません。

 

家事の全てやお買い物等の日常生活全部を、赤ちゃんの面倒を見ながら行う必要があります。

 

そして夜泣きなどで、満足な睡眠を得ることができないのなら、ストレスも溜まってしまうというものです。

 

子育てというのは母親がするものだという認識は、今でもそんなに変わってはいないのではないでしょうか?

 

そのような世論の中で、全部の責任を母親が負担しなければならないというプレッシャーにも打ち勝たなければなりません。

 

育児ストレスの最も大きい原因は、赤ちゃんに対してライフスタイルをまるまる合わせなければならないことです。

 

自分の自由な時間が作れずいつも赤ちゃんを気にかけておかないいけないという状況は、ストレス以外の何ものでもないでしょう。

 

このような誰もが経験する育児ストレスには、いろいろな解消方法があります。

 

身近にいるお母さん達に相談するもいいでしょう、また友達やご両親・夫などのサポートがあればかなりのストレス解消になります。

 

自分の子育てを理解してもらえる人や気持ちを共感できる人がそばにいてくれると、かなり気持ちが楽になります。

 

育児ストレスを溜め込むことのないように、おおらかな子育てをしましょう。

 

家の中に引きこもってしまうと、もっとストレスを抱え込むことになってしまいます。

育児ストレスランキング

育児を行っていると、どのようにしても多少はストレスを抱えてしまうものではないでしょうか?

 

貴方は、どのような時にもっとも強く育児ストレスを感じているのでしょうか?

 

育児ストレスランキングというのがあるので、見てみましょう!!

 

育児ストレスというのは、月齢別でも違ってくるものです。

 

育児ストレスで一番に多いのは、予想通り子供のイヤイヤ期のストレスなのです。

 

2歳半〜3歳頃になると、何に対しても気に入らないといったようなイヤイヤ期と言われる時期に入ってしまいます。

 

そのような時期に、育児によるストレスを溜め込んでしまう方がたくさんいらっしゃるようです。

 

もうちょっと小さな時期の育児ストレスと言えば、夜泣きでしょう。

 

夜泣きは酷い子とそうでない子がいますが、夜泣きを頻繁にするようであればほどんど夜にぐっすりと眠ることができませんよね。

 

そのような際には、一緒にお昼寝などをしたりして解消しましょう。

 

全体的なことで育児ストレスを感じることが多い時は、何かとだだをこねてしまう時のようです。

 

外出の前や食事の時・出かけた先など、いろんな場所でだだをこねられてしまうとストレスもかなりなものになるようです。

 

ゆったりした気持ちで育児をすることで多少のストレスはなくなるようですが、なかなか上手くいかないということが多いでしょう。

 

子育てをしていると、このようなストレスは大勢の方が実感しています。

 

子育てをしている時期というのは子供が中心の生活になってしまいますので、うまくストレス解消法を探してこの時期を乗り越えるようにしましょう。

関連情報


育児ストレスと上手に向き合う方法をご紹介

Copyright (C) 2010 育児ストレス解消法ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集